シックハウス対策をしたリフォーム工事

建物が老朽化したり、ライフスタイルに合わせた変化を望むのであれば、リフォーム工事で対処する事ができます。 でも、工事をするというのはいいことばかりではなく、「シックハウス」というリスクも出てきます。 シックハウスというのは、建材や壁紙などに用いる接着剤、有機溶剤などに含まれる化学物質が、気化して家の中に充満してしまうことで、化学物質過敏症の住人に健康被害が出てしまうことです。 新築では、シックハウスに配慮して、自然素材だけで建てるなどの工夫をするところもありますが、リフォームだとpシックハウスのことを理解していない業者もいるため十分に注意が必要です。 ですから、化学物質過敏症の方がリフォーム工事をするときには、業者に十分なほど使う建材の確認をして、対策をしてもらうことです。 建築基準法では、シックハウス対策として、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドの発散量に応じて建材の区分を行っています。 確認をするときには、その区分で最もリスクの低い建材を使うようにしてもらうことです。 換気設備がついていない時には、その設置も求めましょう。 換気設備は、リフォーム工事をしていない部屋にも行うようにします シックハウス対策をしなければいけないという義務は、新築同様にリフォーム工事にも適用されるので、この要求が拒否される心配はありません。

羽毛布団 リフォーム クリーニングでシックハウス対策をご案内しています。 4007 6/4

Copyright ©All rights reserved.シックハウス対策をしたリフォーム工事.